今回から日記の書き方をちょっと変えていこうと思います。

ウォーミングアップとクールダウンは毎回同じことしかしていないので省略。

4月24日のトレーニング

トレーニング

2000メートルのジョギング。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

日曜日にサッカーをしたのでいつもより疲労が有ると思う。

疲労回復の意味合いの強いトレーニング。

4月25日のトレーニング

トレーニング

100メートル×8本を60%くらいの力加減で走る。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

疲労は昨日よりはないと思う。

こういう時はフォームが変わりやすいのでフォームのチェックを重視しながら、疲労回復の意味合いも込めたトレーニングを行う。

4月26日のトレーニング

トレーニング

100メートル×8本を80パーセントくらいの力加減で走る。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

疲労回復がだいぶ取れてきたので少しスピードを上げたトレーニングを行う。

フォームは意識。

4月27日のトレーニング

トレーニング

5000メートルのタイムトライアル。22分27秒。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

走っている時に少し膝に違和感があった。

その影響?からかタイムが落ちる。

トレーニング中に違和感が出るということは、追い込んだ時のフォームに崩れがある証拠なので、もう一度フォームの確認と修正のためのトレーニングを行っていきたい。

4月28日のトレーニング

トレーニング

100メートル×8本を60%くらいの力で走る。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

昨日タイムトライアルを行ったので、疲労回復のために軽く動く。

もちろんフォームは確認。

膝の違和感は無く走ることができた。

4月29日のトレーニング

ウォーミングアップ

350メートルのジョギング。

トレーニング

557×10本のインターバルトレーニング。

クールダウン

350メートルのジョギング。

トレーニング時間

25分程度。

トレーニングのポイント

今回も8本目の体力的に追い込んだ状態の時に膝に違和感がでた。

おそらくフォームが崩れていると思うし、足が着地する瞬間や膝が曲がる時の感覚が良い走り(体力的に余裕があり違和感が出ていない状態での走り)の時とも違いを感じる。

逆に言えば、この違和感がトレーニングを通じて出なくなれば、「良いフォームでの走りを自分のものにした」と言えそう。

 

今週のトレーニングの感想

今回は膝に違和感が出た。

今後、膝に違和感がどれだけでなくなるかも注目したい。

ちなみに違和感が出たのはこのあたり。

腸脛靭帯炎っぽい場所でもあるが微妙に違う。

それと同時に大腿二頭筋腱にも非常に疲れがたまった。

大腿二頭筋腱はこのあたり。

このように違和感を覚えた場所と、大腿二頭筋腱への疲労は確実にフォームが悪くなっている証拠。

フォームが崩れる要因の一つに「過度のトレーニング」もあるので、トレーニングが多すぎている可能性も高い。

ということで、記録も伸びていないということもあるので、五月からトレーニングメニューを少し変化させていきたいと思う。

それにより、どう変化があるかに注目していきたい。

それとほぼトレーニングメニューも同じになってくると思うので、トレーニングの日記自体を月に一回の更新にしていこうと思います。

 

ブログ一覧はこちら>>

 

塚越接骨院

千葉県鎌ヶ谷市中央2-23-18(新鎌ヶ谷駅から徒歩10分)

tel:047-404-5558