こんにちは。

塚越接骨院の塚越です。

 

今回も前回の続き。

「悪い姿勢のまま固くなってしまった背骨は柔らかく改善できるのか?」

について書いていこうと思います。

※前回を読みたい方はこちらをクリック→「「本当に良い姿勢」が変わってきてしまう理由」

 

で、いきなり結論ですが・・・

悪い姿勢で固まってしまったは背骨は柔らかく改善できます!!!

例えば筋肉はストレッチをすれば柔らかくなりますよね?

それと同じように、曲がったまま固くなってしまった背骨も柔らかくなり、また伸びるようになるのです。

もちろん「一日で元の柔らかさに戻りますか?」と言われれば、それは「NO」です。

しかし柔らかくする努力を継続して行ければ、背骨は柔らかく伸びる様になってきます。

 

ちなみにこれは僕の臨床経験上の話ですが、80代の高齢者の方でも曲がったまま固くなった姿勢が柔らかくなり、姿勢の改善が見られたことが有りました。

もちろん若い人と比べると、柔らかくなる速度は遅かったですし、背すじが完璧に伸びた訳では有りませんでした。

でも家族の方が気付くくらいの改善は見られたんです。

ですから姿勢を直すことについては諦めなくても良いと思っています。

80代の患者さんに改善が見られたくらいですから。

ほぼ全員に可能性は有ります。

 

ちなみにこれは余談ですが、その患者さんは「姿勢改善の為の体操やリハビリ」を積極的に行っていたんですね。

なので「なんでそんなに体操やリハビリを頑張るんですか?」と聞いてみたんです。

そうしたら「体操やリハビリをして姿勢を伸ばすと気持ち良いからやるの」とお答えになられたんです。

しかも、他にもそうおっしゃられる患者さんは意外と多くて。

やはり姿勢を良くすることは体にとっては良いことなんですねー。

そして気持ち良い!

ちなみに、この経験は僕が姿勢を良くすることを患者さんにシツコ~クおススメするようになったきっかけでもあるんです(笑)

やはり体にも良く、そして気持ち良いことは一人でも多くの方にわかって頂きたいので!!!

 

で、今回のブログでほぼ全員に姿勢を良くできる可能性があることは分かって頂けたかと思います。

ですが。

すごく姿勢が悪くなってからリハビリをするよりも、姿勢が悪くならないように予防する方が良いのは間違いありません。

なので、次回は「姿勢が悪くならないように予防をする重要性と自分でできる範囲の予防方法」について書いていこうと思います。

 

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

※次回を読みたい方はこちらをクリック→「姿勢が曲がらないように予防することの重要性と、自分でできる予防法。」