参考:プロメテウス解剖学アトラス

『足がしびれてしまう』
『お尻から足にかけてが痛い』
『歩き始めると足が痛くなってしまう』

この様な症状に悩まされている方は坐骨神経痛かも知れません。

そんな症状の出る坐骨神経痛も現代ではとても多い痛みの一つです。

今回はそんな坐骨神経痛について書いていこうと思います。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛を理解するためにはまず坐骨神経について理解する必要があります。

坐骨神経とは腰から出た神経がお尻の深層や太ももの裏を通るとても大きな神経です。

坐骨神経は太ももの裏を通った後、膝の上で脛骨神経と総腓骨神経の二つに分かれ足の指先までつながっています。

そしてそんな坐骨神経に沿って痛みやシビレが出るのが坐骨神経痛です。

坐骨神経は膝より下にある脛骨神経と総腓骨神経にもつながっているため膝よりも下に痛みが出ることも多いです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、腰や臀部(お尻)周辺で坐骨神経が圧迫されることが原因となり痛みがでるとされています。

神経を圧迫する原因で代表的なものとしては以下のようなものがあります。

  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

腰部椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症に関しては腰で神経が締め付けられ、梨状筋症候群ではお尻にある梨状筋という筋肉に神経が締め付けられ症状が出るとされています。

しかし、最近の研究では『坐骨神経痛は神経の圧迫が原因ではない』ということが明らかにされ始めています。

そして、そういったことから考えると『坐骨神経痛は筋肉に問題があるのでは?』と個人的には考えています。

坐骨神経痛で痛む場所

そんな坐骨神経痛ではお尻~足にかけて痛みが出ることが多く、その中でも特に太ももからふくらはぎにかけての外側に痛みが出ることが多いです。

_20160903_172037

さらに、お尻だけ痛かったり、太ももだけ痛かったりすることも有るので、その様に局所的に痛い場合も坐骨神経痛を疑っても良いと思います。

治療方法

そんな坐骨神経痛の治療方法としては以下のようなものがあります。

  1. 外科的療法
  2. ブロック注射
  3. 物理療法
  4. 薬物療法
  5. マッサージ
  6. 運動療法

では、これらの方法を簡単に説明していこうと思います。

外科的療法

外科的療法は簡単に言うと手術です。

坐骨神経痛はハッキリ言って手術をしなくても治ることがほとんどです。

ですから、まずは手術以外の方法を選択することをおススメします。

ただし、例外として坐骨神経痛と同時に、排尿や排便を上手くコントロールできない時(排尿・排便障害がある時)は手術を行った方が良いでしょう

ですから排尿・排便障害がある時は速やかに医師に相談することをおススメします。

ブロック注射

ブロック注射は局所麻酔薬を打ち、痛みを感じにくくすることで、痛みを軽減する方法です。

ただし麻酔が切れた時は再び痛みが戻りますし、痛みの根本的な原因を改善している訳ではないので、その場しのぎの対処療法という意味合いが強いです。

しかし、坐骨神経痛の根本的な治療ができない方もいるので、その様な方にはとても良い治療ということになるでしょう。

物理療法

物理療法は電気治療や腰を引っ張ったりする治療です。

物理療法も、痛みを和らげることと、血流を良くすることなどが主な効果となるので、根本的な治療にはなりません。

ですから一時的に痛みは和らぎますが再び痛みが出てきますから、積極的に通院し日々痛みを和らげることが必要となります。

薬物療法

薬物療法は痛み止めなどの薬を飲むことによって痛みを軽くする方法です。

薬の効果が無くなれば再び痛みだしますので、やはり根本的な治療とは言い難いですが、根本的な治療をできない方には選択肢の一つとなります。

ちなみに薬物療法の場合は、定期的に整形外科の通院し、薬を処方して貰う必要があります。

マッサージ

マッサージをして痛みを緩和させる方法です。

マッサージには痛みを感じにくくさせる効果が有るため一時的に痛みを和らげる効果があります。

その他にはマッサージをすることで血流が良くなるため、その影響で一時的に痛みが楽になります。

しかし、マッサージも痛みを緩和する対処療法と言わざるを得ません。

ですから本当に痛みを取り、本当の健康体になるためには、根本的な治療を行う必要があります。

運動療法(筋肉の動きの調和性を高める)

運動をすることで症状を軽くしていく方法で、実はこの運動療法が保存療法で唯一の根本的な治療と言えます。

勿論、的確に患者さんの状態を把握することが求められますが、やり方次第でかなりの効果が期待でき、痛くて長時間歩けなかった人が痛みなく歩けるようになるくらい良くなります。

ちなみに坐骨神経痛の方は、筋肉の動きの調和性が欠けていたり姿勢に問題を抱えていることが多いので、その様な部分を改善するような運動療法や施術を行う事が大事になります。

筋肉の中でもインナーマッスルを鍛えるのが良い

そして運動療法で特に鍛えたいのがインナーマッスルです。

このインナーマッスルは脊柱(背骨)を安定させ保護する役割がありますし、臀部から足の指先の筋肉の動きの調和性を高め、患部への負担を減らすことにも役立ちます。

ですから筋肉を鍛える場合は、インナーマッスルを特に鍛えると坐骨神経痛を改善する効果が高くなります。

ただしインナーマッスルは、非常に意識しずらく鍛えにくい筋肉です。

ですから患者さんが治療やトレーニングを継続力することが大事となります。

そういったことから考えると、患者さんの頑張りが必要な方法でもあります。

しかし、インナーマッスルを鍛え筋肉のバランスを整えることは症状の改善のみならず、様々なメリットがあります。

さらにトレーニングと言っても、運動が苦手な方でも無理なく続けられるトレーニングも沢山あります。

ですから一人一人に合った無理のない運動療法をすることで症状を改善していくことが理想的だと考えています。

治療期間

そんな坐骨神経痛の治療期間ですが、運動療法を的確に行った場合、3か月くらいで良くなる方が多いように感じます。

ですが個人差は当然あるのであくまで目安ということになります。

ちなみに改善した体の状態は、油断しているとまた崩れてくるので、セルフケアやメンテナンスをすることで管理し続けることをお勧めします。

まとめ

このような坐骨神経痛ですが、やはり運動療法をお勧めしたいですね。

もちろん運動療法を行うことは、治療やトレーニングをコツコツと行わなければならないということでもあります。

そういったことから考えると、施術を受けるだけではなく、患者様の努力も重要となります。

しかし、頑張った分結果は出るものです。

ですから痛みを改善し、本当に健康な体を手に入れるためにも、運動療法にトライして頂きたいなと思っています。

 

ブログ一覧はこちら>>