こんにちは。

塚越接骨院の塚越です。

 

僕は治療で患者さんの姿勢改善することを重視しています。

その理由は姿勢を改善することにより、患者さんに様々なメリットがあるからなのです。

そんなメリットを治療以外のことも含めて簡単にまとめてみました。

 

1、姿勢を良くすると体への負担が減ります
人の体は骨や靭帯、関節や筋肉・腱に対して「負荷の掛かりにくい姿勢」というものが有ります。簡単に言うと、その「負荷の掛かりにくい姿勢」は「良い姿勢」なのです。したがって良い姿勢を心掛けることによって身体に掛かる負担を減らすことができます。

2、姿勢を良くすると、効率の良い体の動かし方になりやすいです
人体の構造上、姿勢を良くすると効率の良い体の動かし方をしやすくなります。
効率の良い体の動かし方をすることにより、「歩いたり走ったりするのが楽に、そして早くなった」「重い荷物を楽に持てる様になった」「スポーツの競技レベルが上がった」など、生活やスポーツでの動作の質を高める事ができます。

3、ケガが早く治る
良い姿勢をすると体に掛かる負荷が減りますが、これは患部に対しての負荷も減るということです。幹部への負荷が減るだけでケガの回復は早くなります。

4、バランスを崩すことが減るのでケガの予防になります
姿勢を良くするとバランスを崩しにくくなります。その結果、躓いたり転倒することが減り「捻った」「転んだ」「手を付いた」等で受傷するケガがかなり減ります。

5、「負荷が掛かり続けることにより負傷するケガ」の予防になります
一度ではケガをしない程度の負荷でも、繰り返し負荷が掛かり続けることによりケガをすることがあり、このようにして受傷するケガを亜急性外傷と言いいます。
代表的なのは、走り続けることにより負荷が掛かり続けて受傷する疲労骨折で、筋肉や腱、靭帯、関節などにも起きることがあります。
これら亜急性外傷の原因である体に掛かる負荷は、良い姿勢をすることにより減らすことができます。その結果、亜急性外傷の予防や早期改善につながります。

6、疲労がたまりにくくなったり、肩こりや慢性的な腰痛の予防にもなります
姿勢を良くすると体に掛かる負担が減るので、疲労がたまりにくくなります。その結果、疲労からくる肩こりや慢性的な腰痛が治ることもあるくらいです。

7、高齢になることにより背骨が曲がることを予防できます
人は年を重ねるにつれて背骨が曲がりやすくなる傾向にあります。姿勢を良くすることを心掛けることにより背骨が曲がっていくことを防ぐことができます。
ちなみに、すでに背骨が曲がっている方も、個人差は有りますが姿勢を意識することにより背骨の曲がり方が改善します。

8、スタイルが良く見えます
姿勢を良くした方がスタイルが良く見えます。日ごろから姿勢に気を付けただけで「ポッコリお腹が直った」とおっしゃられる方も少なくありません。
さらに「姿勢が良い」ということはモテる要素の1つでも有るみたいです(姿勢が良いだけではモテませんが・・・笑)。

 

こんな感じで少し考えただけでも、これだけ良いことが有るんです。

ちなみにこれ以外にも良いことがありまして、「姿勢を良くすると集中力が高まる」とか「便秘が治った」という方もいらっしゃいました。

ですから皆さんにも出来るだけ姿勢を良くして欲しいのですが・・・

「良い姿勢にするのって、疲れるからできない」

と言う意見も少なくありません。

ですが!

その「良い姿勢をするのが疲れる」ということには隠された真実があるのです。

そのあたりを次回、書いていこうと思います。

 

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

 

次回を読みたい方はこちらをクリック→「本当に良い姿勢は本当に楽です。」