画像:Dejital SHO Gallery

「大丈夫」って基本的には前向きな言葉ですが、場合によっては逆に不安になることありますよね(笑)

ということで。

今回は「姿勢を良くすると前向きな考えかたになる」ということについて書いていこうと思います。

姿勢についての関連記事

姿勢を良くすることのメリット
良い姿勢とはどんな姿勢か?
姿勢を良くすると疲れがたまりにくくなる。
姿勢を良くすると運動パフォーマンスが上がる
姿勢を良くするとケガや痛みが減る
姿勢を良くすると、背骨の変形を予防できる
姿勢を良くすると集中力がアップする
・姿勢を良くすると前向きな考え方になる(現在このページです)
姿勢を良くするとスタイルが良くなる
自分が良い姿勢なのか?を調べる判断基準

「姿勢を良くすると前向きな考え方になる」ということを裏付ける実験結果

実は「姿勢を良くすると前向きな考え方になる」ということを裏付ける実験結果が有ります。

その実験がどういうものなのか?

そしてどんな結果が出たのか?

それをお話しすることが「姿勢を良くすると前向きな考え方になる」ということを一番納得して頂けると思ったので、まずは実験について書いていこうと思います。

その実験とは、マドリッド自治州大学の心理学者ブリニョール博士らの「姿勢が自己評価に与える影響を調べた実験」です。

どんな実験かと言いますと

71人の学生を募り

「将来仕事をするにあたって、自分の良い所と悪い所を書き出してください」

というアンケートを取りました。

そしてアンケートを書いてもらう学生を

  1. 姿勢を良くしてアンケートを書いて貰うグループ
  2. あえて猫背でアンケートを書いてもらうグループ

とに分けました。

さて、結果はどうなったでしょうか?

といった実験です。

結果はどうなったのかと言いますと、

「姿勢を良くしてアンケートを書いたグループ」の方が確信度が高い

という結果になったようです。

つまり、自分の書いたことについて「確かにそう思う」と、より自信を持っていたそうなのです。

このような実験から「良い姿勢だと、気持ちが前向きになる」と言われています。

自信が持てる理由

でもなぜ良い姿勢だと前向きなれるのか。

ここからは個人的な考え方になってしまいますが、ちょっと理由を述べてみようと思います。

前回のブログでも書いたことなのですが「感情などの脳の反応」は「体の動き」に左右されます。

例えば

「無表情で漫画を読むより、作り笑いをしながら漫画を読んだ方が面白く感じる」

といったようにです。

これは笑っている時は面白いと感じる時が多いため、無理にでも笑顔を作ると「面白いという感情」が沸いてくるという例えです。

そして、この「体の動きが、感情などの脳の反応にも影響する」ということは「良い姿勢」にも言えることです。

例えば

  • 朝元気に挨拶をする時
  • 友人に重い荷物を運ぶことをお願いされ、快く引き受ける時
  • 辛く厳しい状況だが「踏ん張るぞ!」と前向きに進もうとしている時

この様な前向きな感情の時は、おそらく良い姿勢をしている時が多いと思います。

ということは「体の動きと脳の反応」をふまえて考えると、「良い姿勢をすることが感情を前向きにする可能性を高める」ということになります。

このような感じの反応が人体で起きることで、姿勢をよくすると前向きになるのかな~と思っています。

まとめ

姿勢を良くすることで、自然と感情は前向きになり易いです。

もし「前向きになれなくて・・・」という悩みがあるとしたら、姿勢を意識的に良くすることをお勧めします。

きっと変わると思うので。

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

 

ブログ一覧はこちら>>

 

塚越接骨院

千葉県鎌ヶ谷市中央2-23-18(新鎌ヶ谷駅から徒歩10分)

tel:047-404-5558