写真:GATAG

今の世の中ではパソコンやスマートフォンが欠かせないものになっています。

その結果、以前よりも肩こりに悩まされている方は、とても多いのではないでしょうか?

しかし、そんな肩こりについて具体的に述べることができる方も少ないように思います。

ということで、今回は肩こりについて。

肩こりとは何なのか?ということを書いていこうと思います。

肩こりの原因

肩こりの原因は複数あり、その中でも代表的なものがこれらです。

1.疲れ

疲れると血流が悪くなり肩コリの症状が出ます。

スマートフォンやパソコンを長時間続けている時などに肩や首の筋肉や関節の血流が悪くなります。

その結果、疲れがたまり肩こりになることが多いですね。

2.肩や首周辺の筋肉や靭帯を痛めている

肩や首周辺の筋肉・靭帯を痛めている時でも肩こりの症状が出ることがあります。

肩こりを引き起こすケガや痛みの具体的な例としては以下の様なものがあります。

  • むち打ちや寝違え
  • 首、肩周辺の筋損傷
  • 五十肩

交通事故で良くあるムチウチや、寝違え、首から肩にかけての筋肉などを痛めている時は、首や肩周辺に炎症が起きていることが多く、そんな炎症が起きている時も肩こりは出やすいです。

ちなみに疲れて肩が凝ってるのかと思っていたが、調べてみたら首・肩周りの筋肉・靭帯を痛めていたなんてことも少なくありません。

3.ストレス

ストレスによって肩こりが出る場合もあります。

人がストレスを感じる時はホルモンの影響で血管が収縮したり、筋肉が必要以上に緊張してしまいます。

そのような体の反応から肩や首の血流が悪くなり、肩こりの症状が出てしまうことが有ります。

現在の世の中はストレスの多い社会ですので、ストレスで肩こりになってしまっている方も多いかもしれませんね。

4.首の形

首の形に原因があり、肩こりが出ることもあります。

具体的な例としては「ストレートネック」や、いわゆる「歪み(ゆがみ)」などと言われるものです。

脊柱や関節の構造が曲がると、部分的に血流が悪くなります。

そして筋肉の使い方のバランスも悪くなるため、筋肉に疲労もたまりやすくなってしまいます。

これらの理由から、ストレートネックや歪みは肩こりの原因になってしまうことが有ります。

5.内科的な病気が原因の場合

内科的な病気が原因で肩こりの症状が出ることがあります。

具体的な例としては、心筋梗塞の前駆症状(前ぶれ)として肩こりが出る場合などです。

ですから、「肩こりが内科的な疾患が原因なのかどうか?」は施術者が一番注意しなければならないことです。

ちなみに内科的な病気から肩こりが出ている時は、不定期に痛みが強くなったりすることが多いので、その様な時は内科的な疾患を疑うべきだと考えています。

肩こりと姿勢の関係

『疲れ』『首・肩の周りの筋肉や靭帯を痛めている』『首などの背骨の形に問題がある』という原因で肩こりが出ている場合、姿勢との関係がとても強いです。

姿勢が悪いと首が歪みますし、首・肩周辺の筋肉のバランスが偏り疲れもたまりやすくなります。

そういったことから疲れがたまりやすくなると、同時に肩周辺の筋肉や靭帯を痛めやすくなります。

また疲れは回復を遅くしてしまう要因にもなってしまうので、そういった回復の遅れが「慢性的な痛み」となってしまうこともあります。

ですから「肩こり」と姿勢の関係は深く、切っても切り離せないものなのです。

肩こりを治す方法

前述したように、肩こりは姿勢と関係していることが多いです。

ですから姿勢を良くすることで肩こりは改善されることが多いです。

姿勢を改善することで、首や肩に掛かる負担が少なくなるため、非常に肩こりが出にくい体になることができます。

ちなみに姿勢を良くする方法として以下のようなものが有ります。

  • 自分自身で良い姿勢を心がける
  • トレーニングをする
  • 姿勢を矯正するための施術を受ける

これらを地道に行うことで姿勢を改善し、肩こりを改善していくことができます。

ではそれぞれの方法について説明をしていきます。

自分自身で良い姿勢を心掛ける

この方法は肩こりを改善するうえでの基礎となる部分であり、自分自身で行える方法です。

上手くいくと、自分自身で姿勢を意識するだけでも肩こりを感じなくなることがあります。

しかし、肩こりに悩まされている人は『姿勢を良くすると疲れる』『姿勢を良くすると辛い』といった理由から、姿勢を維持することできない場合が多いです。

そのように良い姿勢が辛くなってしまう方の場合は、姿勢が歪んでいることと、インナーマッスルが使えていないことから『本当の良い姿勢』になっていないことが考えられます。

ですから、歪みを取る施術や、インナーマッスルをつけるためのトレーニングが必要となります。

姿勢を施術で治す

自分自身で良い姿勢を心掛けるのが辛い方は、姿勢が歪んでいる可能性が高いです。

そういった場合は、姿勢矯正などの施術を地道に続けることで歪みを取ることが理想的です。

姿勢矯正で姿勢が良くなれば、楽に良い姿勢が取れるようになります。

しかし、姿勢矯正で姿勢を良くしたとしてもインナーマッスルが上手く動いていなければ、姿勢はすぐに戻ってしまいます。

ですから、姿勢を維持できるように心掛けることと、インナーマッスルトレーニングを行い、姿勢が戻りにくくすることが必要となります。

インナーマッスルトレーニングを行う

姿勢を維持するための筋肉を鍛えるトレーニングをすることで姿勢を維持し、悪い姿勢に戻りにくくします。

インナーマッスルはとても持久力に優れた筋肉で、インナーマッスルを使った姿勢ができるようになると、とても疲れがたまりにくく、長い時間良い姿勢を維持できるようになります。

そして、インナーマッスルのトレーニングといっても運動が苦手な方でもできるトレーニングは沢山ありますので、一人一人に合った続けやすいトレーニングを継続すると良いでしょう。

しかし、インナーマッスルのトレーニングは通常のトレーニングよりも難しく、正確に行うことができない方も少なくありません。

ですからトレーニングを行う時は、専門家に指導してもらいながらトレーニングをすることが無難です。

また、姿勢矯正の施術を受けるとインナーマッスルを動かしやすくなることも多いので、インナーマッスルのトレーニングをしているにも関わらず肩こりが解消されない方は姿勢矯正も受けることが理想的です。

治療期間

前述したように、『姿勢矯正の施術』『インナーマッスルのトレーニング』『姿勢を自分自身で心がける』ということを地道に継続し、『本当の良い姿勢』になることができた場合、肩こりの出にくい体になるため肩こりを解消することができます。

この肩こりを解消できるまでの期間は早い人なら3回の治療で良くなるでしょう。

しかし、姿勢は一度直しても再び元に戻ろうとするため、本当の良い姿勢を覚え、体に定着させるためには長い人で一年かかる人もいます。

ですが、姿勢を改善することは肩こりを根本から改善する方法ですし、肩こりの改善以外のメリットも多いです。

ですから根本的に健康な体を目指すのであれば、姿勢を改善することが理想的です。

まとめ

肩こりを治すことは治療や運動を少しづつ積み重ねることが大事だと思っています。

そして、その積み重ねた先には肩こりの解消だけでなく沢山のメリットがあります。

ですから、少しずつ積み重ね、本当に健康な体を目指して頂けたらなと思います。

 

ブログ一覧はこちら>>