画像:プロメテウス解剖学アトラス

これは腰椎から骨盤にかけてお腹側から見た絵ですね。

ということで今回は腰痛や坐骨神経痛の原因の一つと言われている腰部椎間板ヘルニアについて。

腰部椎間板ヘルニアとは何なのかを簡単に書いていこうと思います。

腰部椎間板ヘルニアとは?

腰部椎間板ヘルニアを理解するためには、まず「椎間板」について知らなければなりません。

椎間板とは簡単に説明すると

「背骨と背骨の間に有るクッションの役割を持った組織」

です。

絵で見るとこの部分。

 

この青○で囲んである灰色の部分が椎間板(椎間円板)ですね。

椎間板はこの絵の様にそれぞれの背骨の臼の様な部分(椎体と言います)の間に有りクッションになっています。

そして椎間板の後ろには神経が通っています。

絵で見るとこんな感じ。

この絵は腰椎の断面図です。

左がお腹側で右が背中側。

お腹側の背骨と背骨に椎間板が有ります。

そしてその後ろに黄色く細長いものが通っていますがこれが脊髄と神経です。

そしてこの椎間板が上下から背骨に圧迫され過ぎると後ろに飛び出てしまいます。

こんな感じで。

これは背骨をMRIで撮った画像です。

赤い矢印の所が他の椎間板と比べると出っ張っていますね。

このように椎間板が飛び出してしまうことで脊髄や神経を圧迫してしまい、症状が出てしまうのが腰部椎間板ヘルニアと言われています。

症状

この腰部椎間板ヘルニアの症状は

・腰痛
・臀部から足にかけてのしびれ
・坐骨神経痛
・大腿神経痛など
・排尿・排便障害(排尿が上手くできない・漏れてしまうなど)

と言ったものが代表的で、これらの症状のどれかが出ている場合は腰部椎間板ヘルニアである可能性が有ります。

治療方法

治療方法としては

・手術療法
・保存療法

といったものが有ります。

手術療法

手術療法はそのままの意味で、手術をする治療方法です。

簡単に説明すると飛び出した椎間板を手術で切除するといったものが一般的です。

しかし、ヘルニアは保存療法でも治ることが多いため、保存療法で症状が改善しない場合に手術をすることが多いです。

但し早急に手術をしなければならない場合も有り

「排尿・排便障害が有る場合は緊急手術」

となります。

保存療法

保存療法には

・神経ブロック、薬物療法
・物理療法
・運動療法

等があります。

それぞれの治療効果は簡単に説明すると以下のようなものになります。

神経ブロック、薬物療法

麻酔薬を注射することで痛みを和らげる方法(神経ブロック)や、痛み止めの薬を飲むことで痛みを和らげる方法(薬物療法)です。

物理療法

患部に電気を流して痛みを和らげたり、腰を機械で引っ張り圧迫された椎間板への負担を取ると言った様に機械で症状を改善していく方法です。

運動療法

運動を行い姿勢や筋力などの体の機能を改善することで症状を改善する方法です。

根本的に治すなら運動療法

ヘルニアを起こしてしまう要因には、日常生活の動作や姿勢などが大きく関係しています。

ですからそういった根本的な要因である動作や姿勢などを改善する為の運動療法を的確に行うことで、腰部椎間板ヘルニアの症状も改善されます。

勿論、姿勢などを改善することは、以前のブログ記事でも書いたように簡単では有りません。

さらに「運動をして治す」ということは患者さんの努力もある程度は必要となります(体力的にとても辛いことをことをする訳では有りませんが継続する力は必要となります)。

しかし努力をした分、痛みの改善だけでなく再発の予防もすることもできます。

そして、その他にも「体が疲れにくくなる」といったことを初めとした様々な体質の改善にもつながります。

そういった体質改善という部分から考えても、個人的には運動療法で改善していくことが理想的だと考えています。

まとめ

この様な腰部椎間板ヘルニア。

患者さんの努力次第で薬にも手術にも頼らなくても改善する場合が多いと感じています(前述した通り手術をした方が良い場合も有ります)。

ですから健康で充実した生活を手に入れるためにも、運動療法にトライして頂きたいと思っています。

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

 

ブログ一覧はこちら>>

 

塚越接骨院

千葉県鎌ヶ谷市中央2-23-18(新鎌ヶ谷駅から徒歩10分)

tel:047-404-5558