dsc_0171

前回は良い姿勢になることのメリットを書いていきました。

そして様々なメリットについて詳しく書く前に「良い姿勢とはどういうことなのか?」を簡単に理解していた方が良いと思うのです。

ということなので今回は「良い姿勢とはどんな姿勢か?」について簡単に書いていこうと思います。

姿勢についての関連記事

姿勢を良くすることのメリット
・良い姿勢とはどんな姿勢か?(現在このページです)
姿勢を良くすると疲れがたまりにくくなる。
姿勢を良くすると運動パフォーマンスが上がる
姿勢を良くするとケガや痛みが減る
姿勢を良くすると、背骨の変形を予防できる
姿勢を良くすると集中力がアップする
姿勢を良くすると前向きな考え方になる
姿勢を良くするとスタイルが良くなる
自分が良い姿勢なのか?を調べる判断基準

背筋が疲れる姿勢は「良い姿勢」ではない

では早速良い姿勢についてなのですが、良い姿勢をした時に良くあるのが

「良い姿勢になると背筋が疲れる」

という方が多いことです。

ですがこの「背筋が疲れる姿勢」。

実は良い姿勢ではありません。

この疲れる姿勢をしている時に使っている背筋は、腸肋筋・最長筋と言う名前の筋肉で、いわゆる背筋トレーニングをする時にも使う筋肉です。

これらの筋肉は「背筋トレーニングの様に体を大きく、そして素早く動かすことには優れているが、持久力は無く疲れやすい」という特徴があります。

この様な疲れやすい筋肉は、「姿勢の維持」の様な、体の動きがほとんどなく持続的な運動には向いていません。

そういった姿勢を維持することに向いていない筋肉を使っている時点で「背筋が疲れる姿勢」は本当に良い姿勢とは言えないのです。

本当に良い姿勢はどんな姿勢?

ではどんな姿勢が良い姿勢なのか?

それは多裂筋・腹横筋・内腹斜筋などのインナーマッスルを使った姿勢が本当に良い姿勢と言われています。

これらインナーマッスルは手ではあまり触れないくらい体の深層にあり、非常に持久力に優れているという特徴があります。

この持久力に優れているという特徴から「姿勢を維持する」などの持続的な運動に向いているのです。

さらに多裂筋などのインナーマッスルを使い姿勢を維持できた場合、体の表層にある背筋を使わなくても姿勢を維持できるため、表層の背筋の力は抜け「背筋が疲れる」という事もなくなります。

その様なことを総合的に考えると、姿勢を良くする時に多裂筋や腹横筋などのインナーマッスルを使うことはとても理に適っていると言えるでしょう。

ちなみにこのインナーマッスルは他の記事(『インナーマッスルとは?』)でも書いているのですが、非常に意識しずらく使いにくい筋肉です。

ですから「インナーマッスルを使った本当の良い姿勢」になるためには、個人個人に合った的確なトレーニングを地道に続けることが必要となります。

まとめ

この様なことから

「多裂筋・腹横筋・内腹斜筋などのインナーマッスルを使うということ」

「体の表面にある背筋には力が入らない」

という条件を満たした姿勢が「本当に良い姿勢」であると言えるでしょう。

そしてこのような「本当に良い姿勢」をふまえた上で、姿勢を良くする時のメリットを書いていこうと思います。

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

 

ブログ一覧はこちら>>

 

塚越接骨院

千葉県鎌ヶ谷市中央2-23-18(新鎌ヶ谷駅から徒歩10分)

tel:047-404-5558