汗をかくこととダイエットの関係。

すがすがしい感じで走っていますね。

きっと気持ちの良い汗を流していることでしょう。

ちなみにそんな「汗を流す」ということですが

「汗を流す=ダイエット」

と考えている人も少なくないと思います。

今回はそんな「汗とダイエット」がどのような関係にあるのか?

その辺りを簡単に書いてこうと思います。

汗の役割

汗とダイエットの関係を知るために大事かどうかはわかりませんが、とりあえず汗の役割についても知っておいた方が良いと思うので、その辺りを簡単に書いていきます。

そしていきなり結論から述べますが、汗を流すことは体温を下げるために起こります。

気温が上がり体温が上がると、汗腺(汗が出てくるところ)から水分(汗)が出てきます。

この水分(汗)が蒸発する時に体の熱も空気中に出ていきます。

このようにして体温を下げることが「汗」の役割なんですね。

「汗を流す」という反応自体は直接ダイエットに関与しない

実はこの「汗を流す」という反応が起きる時、体の中にある糖質や脂質は使いません。

そして糖質や脂質を使わないということは、簡単に言うとカロリーを消費しないということでもあります。

つまり、「汗を流す量だけが増えても、消費カロリーは増えない」ということです。

この様なことから考えると

「汗を流すという反応自体はカロリーの消費をしないので、ダイエットには直接関与しない」

ということでもあるんです。

ちなみに、

「汗の量を増やすために、夏にあえて厚着をして運動をしています」

という人をたまに見かけますが、涼しい格好で運動をしても消費カロリーに影響はないので、個人的には涼しい恰好でのランニングをおススメしたいです。

そして話が少しそれますが、サウナも汗をかくだけなので、あまりダイエットにはならないかと思います。

ですからサウナはダイエット以外の健康目的で使うことをおススメします。

必要以上に汗をかくことは、ダイエットの妨げになる可能性もある

汗を流すことは、体から水分や塩分を出すということでもあります。

ですから必要以上に汗を流すことは、体にとって危険なことでもあります。

なぜなら体から塩分や水分が必要以上に出てしまうことで、体調不良の原因になってしまうことも有るからです。

そして汗を必要以上に流すことで体調不良に陥った場合、おそらく運動をすることがきつくなってくるでしょう。

そうすると、運動量が少なくなってしまうことにつながり、消費カロリーも少なくなります。

つまり、ダイエットの妨げになるということです。

この様なことから考えても、夏は涼しい恰好で走ることをおススメします。

まとめ

この様に汗流すことそのものが、ダイエットに直接関与する訳ではありません。

ですが運動をする時は、「汗」が非常に重要ですし、日常生活でも当然必要な反応です。

ですから、「汗」について正しい知識を持ちダイエットを効果的で、そして健康的に行って欲しいですね。

 

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『効率的で効果的な姿勢改善』をお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA