子供が痛がって腕を動かそうとしない!小さな子供に良くある肘の脱臼。肘内障とは?

写真:GATAG

幼稚園児くらいのお子さんの写真ですかね。

このくらいの年齢のお子さん。

急に痛がって腕を動かさなくなることが有ります。

ということで今回は子供(2~7歳くらい)の腕(肘)の痛み。

肘内障について簡単に書いていこうと思います。

肘内障とは

肘内障とは簡単に説明すると子供(2~7歳くらい)の肘が亜脱臼(不完全な脱臼)をしてしまうものです。

ちなみに外れる関節はここ。

_20161029_122058

この青丸で囲んであるところが亜脱臼します。

どのようにして起きる

肘内障は

「子供が手を引っ張られた」
「子供が寝返りをしていたら腕が体の下に巻き込まれた」

という時に起きやすいです。

イメージしやすいように絵で見てみましょう。

dsc_0126

この様な時は肘内障になりやすいです。

肘内障になりやすい年齢

肘内障になりやすい年齢は2~7歳くらいで小学校に上がる前までに起こることが多いです。

小学校に上がる前までは肘関節周辺が抜けやすい構造になっているので肘の亜脱臼を起こしやすいからです。

ちなみに成長するにしたがって、だんだん発生しにくくなり、小学生になるとほとんど起きることがなくなってきます。

治療法

治療は外れた橈骨頭を元に戻します。

この治療方法を「整復」といいます。

経験を積んでいる先生なら簡単に整復できます。

予防法は?

肘内障は急に手を引っ張ったりしなければ防げますので、急に手を引っ張らないように気を付けることが予防法となります。

例えば

「子供が駄々をこねた時に強く手を引っ張って立ち上がらせないようにする」
「子供と遊んでいる時に強く手を引っ張らないようにする」

などです。

ですから子供と行動を共にする時は、強く手を引っ張らないように少し気を付けてあげると良いですね。

まとめ

肘内障は重篤な症状が無ければ簡単に治せる傷病です。

ただし肘内障になった子供からしたら痛いことはできるだけ避けたいですよね。

ですから気を付けられる点は気を付けて頂き、子供との時間を大切にしていって頂きたいと思います。

 

フォローをしてブログの更新情報を受け取る。

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『効率的で効果的な姿勢改善』についてお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA