むくんだ足を改善・予防することは姿勢と関係しています。

セルフマッサージをしている女性の足

足の疲労・足の形・静脈瘤に関係してくる『足のむくみ』。

そんな足のむくみは、一般的にはマッサージなどでメンテナンスする場合が多いでしょうか?

しかし、足のむくみは姿勢を改善することで、改善・予防の可能性を高くすることができます。

ということで、今回はそんな足のむくみと姿勢の関係性について解説していこうと思います。

なぜ『姿勢と足のむくみが関係しているのか?』を理解することで、どうすれば足のむくみを改善・予防できるのかを知ることができると思いますので、よろしければ最後まで読んでみて下さい。

むくみを改善する為にはふくらはぎの筋肉を使うことが重要

では、むくみと姿勢の関係性を理解して頂くために、足のむくみについて解説していこうと思います。

足のむくみは簡単に言うと、足まで流れていった血液が足に溜まってしまうことが原因です。

では分かり易くイラストでもう少し解説していきます。

まず心臓から出ていった血液が、こんな感じで足まで流れていきます。

足に血液が流れてくる様子

このイラストの赤い矢印は血液の流れを表しています。

この様に血液は上から下に向かって流れていきます。

そして、この足まで流れていった血液は、心臓に戻ろうとする為、上に流れていこうとするのですが、重力などに邪魔されて上に流れにくくなっています。

ちなみにその様子もイラストで確認してみましょう。

足から血液が流れていこうとしているが、流れにくくなっている様子

イラストの青い線が上に流れていこうとしている血液です。

この様なイメージで足まで流れて行った血液はスムーズに上に流れていきません。

そのため、足に血液が溜まってしまい足がむくんでしまうんですね。

しかし、本来、人間の体には、そんな足まで流れていった血液を上に押し上げるポンプの様な機能を持つ『モノ』が有ります。

その『モノ』とは

足の筋肉

です。

その中でもふくらはぎの筋肉はポンプの役割を持っていることで有名です。

ですから、このふくらはぎの筋肉がきちんと機能すると、足まで流れていった血液を上に押し上げくれるのです。

ちなみにイラストで見るとこんな感じです。

ふくらはぎの筋肉がきちんと機能し、足から血液がスムーズに流れている様子

ふくらはぎの筋肉(イラストでは腓腹筋が描いてあります。)が動くとポンプの様な力が働き、イラストの様なイメージで足まで行った血液を上に押し流してくれます。

この様に、足のむくみを改善し、予防をする為には足のふくらはぎの筋肉を上手く使うことが重要なのです。

ちなみに、きちんとした歩き方をした時は、ふくらはぎの筋肉を必ず使います。

しかし、足がむくんでしまう方は、ふくらはぎの筋肉を上手く使えずに歩いていることが多いです。

ですから逆に言えば、ふくらはぎの筋肉を上手く使った歩き方ができると、マッサージなどを受けなくても足のむくみを改善・予防することにもつながります。

そして歩くことがむくみを改善する為の方法なのだとしたら、通勤の時などの『歩き』もむくみを取る為のエクササイズになるという事にもなるんですね。

そう考えると、ふくらはぎを上手く使うという事ことは、結構おいしい話かもしれませんね。

ふくらはぎの筋肉を上手く使う為には姿勢が大事

ではどのようにすればふくらはぎの筋肉が上手く使える様になるのでしょうか?

その方法の一つが

『姿勢を良くする』

という方法です。

実はふくらはぎの筋肉は、骨盤の傾き方や体の重心の位置により、動き易さが変わる筋肉でも有ります(参考にした著書:身体運動学・関節の制御機構と筋機能)。

ですから、骨盤を丁度良い角度にして歩くことで、ふくらはぎの筋肉を上手く使うことができます。

そして、ふくらはぎを上手く使った歩き方ができれば、足まで流れていった血液は上に押し上げられ、足のむくみを改善、又は予防できる可能性が上がるのです。

そして、骨盤の角度や重心の位置が関係しているという事は、姿勢が関係しているという事でも有ります。

この様なことから、姿勢を改善することは、足のむくみを改善する効果もあると言えるんですね。

ちなみに、姿勢を良くしようとする時は、ほとんどの方がとりあえず胸を張れば良いと考えている方が多いと思います。

しかし、本当の良い姿勢は意外と奥が深く難しいことでも有ります。

ですから、そんな良い姿勢を目指す時に抑えて欲しいポイントについて解説した記事も書いておりますので、姿勢を改善したいという方は、そちらの記事も読んでみて下さい。

良い姿勢になるという事は、意外と難しいことでも有りますが、記事を読んで頂ければ、何も知らずに胸を張るよりは本当の良い姿勢になれる可能性を高めてくれると思いますので、よろしければ参考にして頂ければと思います。

まとめ

ここまで述べてきた通り、姿勢を改善することは足のむくみを取ることにもつながります。

足のむくみが改善し、むくみにくくなれば、足に疲れがたまりにくくなったり、足の形が綺麗になったりすることにもつながります。

ですから、そんなメリットを得るためにも、良い姿勢を心掛けて頂けたらと思います。

SNSでのブログ配信について

SNSでブログの更新情報を配信しております。

『いいね』または『フォロー』をして頂くとブログ情報を受け取ることができますのでお気軽にどうぞ。

Facebookにいいねする

Twitterをフォローする

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『効率的で効果的な姿勢改善』をお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

科学的根拠に基づいた姿勢改善

塚越接骨院では科学的根拠に基づいた『無駄のない効率的で効果的な姿勢改善』を行っております。

・良い姿勢を続けていると疲れてしまう
・良い姿勢にしようとすると痛みが出てしまう
・そもそも本当の良い姿勢が分からない
・自分の力だけでは姿勢を改善できない
・できるだけ早く姿勢を改善したい

そんな姿勢改善に関するお悩みを解決する為、一人一人の個性に合わせたサポートを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA