画像:GATAG

これは風力発電ですね。

風の力を利用してエネルギーを作り出しています。

ということで、今回はエネルギーについて。

そんなエネルギーの中でも「運動の時に使うエネルギーは何なのか?」。

それを簡単に書いていこうと思います。

運動時に使うエネルギーはATP

体を動かす時に必要不可欠なのがATP(アデノシン三リン酸)という化合物です。

このATPはアデノシンという物質一つと、リン酸という物質三つから構成されています。

このATPがエネルギーを供給することによって筋肉を動かすことができます。

どのようにエネルギーを供給するのか

前述しましたが、ATPは一つのアデノシンと三つのリン酸で構成される分子です。

そんなATPからリン酸が一つ離れる瞬間にエネルギーが放出されます。

その時に放出されたエネルギーが筋肉を動かすことに使われます。

ATPは貯蔵されている量が少ない

このように筋肉を動かす時に必要なATP。

しかしこのATPはエネルギーを放出した後にADPという物質に変わってしまいます。

そのため運動を行う事でエネルギーを使うとATPの量は減ってしまいます。

さらに筋肉の中にはATPが少ししか貯蔵されておらず、運動のためのエネルギーの蓄えとしては不十分です。

この様な事から運動に必要な分のATPを体内で作る(再合成する)必要があるんです。

ATPを作る生体機構

そんなATPを作る生体機構には

・ホスファゲン機構
・解糖
・酸化機構

の三つのエネルギー機構が有ります。

良く「無酸素運動」とか「有酸素運動」とか言われるものですね。

次回から、そんなATP補充のエネルギー機構について書いていこうと思います。

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

 

ブログ一覧はこちら>>

 

塚越接骨院

千葉県鎌ヶ谷市中央2-23-18(新鎌ヶ谷駅から徒歩10分)

te:047-404-5558