短時間でも運動の効果が得られる?

Silhouette of young man running

こんにちは。

今日は運動に関するおもしろい研究結果がでていたので、そのことについて書いていきます。

その研究結果の内容は「わずか1分間の激しい運動で、中等度の運動を45分間続けるのと同じ効果が得られる」というもの。

つまり「短時間でも十分運動の効果が得られる」ということです。

では、どんな実験か・・・を、もうちょっとだけ詳しく書くいていくと

  1. 2分のウォーミングアップをした後、「エクササイズ用の自転車を20秒間全力でこぎ2分休む」というインターバルトレーニングを3セット行い、3分のクールダウンを行うグループ(1分間の激しい運動のグループ。)
  2. エクササイズ用の自転車を適度なペースで45分間自転車をこぎ続けるグループ(中等度の運動のグループ)

の2グループに分けます。

そして、それぞれのグループには週3で12週間続けてもらい比較するという実験です。

で、比較してみた結果

「心肺機能とインスリン感受性の測定値はほぼ同程度だった」

という結果が出たようです。

確かにこういう測定値があると短時間でも十分運動の効果が得られそうですね。

今までは運動する時間がなくて運動ができない人が沢山いました。

ですがウォーミングアップとクールダウンを含めても約10分です。

「時間が無いから運動できない」という悩みを抱えている人が多かったとは思いますが、その様な悩みを解決できる研究結果だと思います。

そして運動の時間短縮になるわけですから「既に運動をしてますよ」という人も、今までの運動のやり方から「激しい運動を短時間こなす」というトレーニングに変えることによって

「運動の時間が減った分、趣味や家族と過ごす時間が増えた」

とか

「短い時間のトレーニングでも競技レベルが上がった」

などの良いことが起きると考えることもできます。

ですから個人的には凄く良い報告だなと思ってます。

まあ「運動が嫌いで、運動しない言い訳に時間がないことを理由にしていた」という人には最悪の実験結果ですが(笑)

ちなみに今回の「1分間の激しい運動」ですが、ランニングだとどんなメニューになるのかも考えてみました。

こんな感じです。

・ウォーミングアップで200~400メートル軽く走る

・「100~200メートルダッシュ」の後に「100~200メートルをジョグ」を3セット

・クールダウンで200メートルくらいのジョグ  

個人差が有るので走る距離は曖昧になりましたが、大体こんな感じになると思います。

多分、かなりの運動嫌いでない限り、結構お得感あると思います。

なので今まで時間がなくて運動できなかった人も、運動する時間がある人も、短時間で激しい運動をしていくという選択肢も考えてみてくださいな。

 

ということで。

それでは皆さんまた次回♪

フォローをしてブログの更新情報を受け取る。

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『本当の良い姿勢』についてお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA