こんにちは。

ブログにまとまりがなくなってきて収集がつかなくなってきている塚越接骨院の塚越です。

 

今回も前回の続きです。

「姿勢を良くすることは高齢者の方にとっても良いことであり全然酷じゃない」ということを理解して頂く為の研究結果を書いていこうと思います。

※前回を読みたい方はこちらをクリック→「姿勢が曲がらないように予防することの重要性と、自分でできる予防法」

 

で、どんな研究結果かと言いますと。

「運動がいかに健康に良いのか」というものなんです。

高齢者が姿勢を良くすることに抵抗を感じている人にとって気になるのは「体力面」だと思います。

ですから体力に一番関係する「運動の研究結果」を書いていくことにしました。

ということで、早速書いていきますね。

 

実験結果1:運動で体力を維持・改善することが長寿の秘訣
1万4千人以上のアメリカ人を6年以上追跡した研究で体力の維持・改善が様々な死亡リスクの低下に関係していたことがわかった

※心疾患・脳疾患は19%減。全死亡リスクは15%減。逆に運動不足が死亡リスクを増加させることも判明した。

実験結果2:運動により寿命が延びる
40歳以上の成人男性65万人を調べた結果、軽度の運動で1.8年、中等度の運動で3.4年、強度の運動では4.2年平均寿命が延びることが判明。
また一日15分の運動で死亡リスクが14%低下。

実験結果3:カナダ、クイーンズ大学(オンタリオ州)准教授のian・janssen氏らの研究
良く運動している人は、運動しない人に比べて数年長生きできる可能性が高いことが示された。
白人の場合、80歳の時点で運動していれば、男性で1.2年、女性で1.6年寿命が延びると統計結果から推定されている。

 

こんな感じで運動は寿命を延ばす効果があると推測されています。

ですから運動は健康に良いと考えられますよね?

そして運動が、健康に良い影響をもたらすのであれば、姿勢を良くすることも酷ではないと思うんです。

というか、むしろ姿勢を良くしない方が酷かなと思います。

ですから高齢者の方で「姿勢を良くすると疲れそうだから」と思っているかた。

騙されたと思って一週間くらい姿勢を良くするという意識を持って生活してみて下さい。

最初のうちは少し疲れるとは思います。

でも一週間くらい続けていると段々体が元気になってくるはずです。

姿勢を意識することを忘れてしまうこともあるかもしれませんが、気付いた時に姿勢を気を付けるだけでも良いです。

それだけでも良いので姿勢を良くすることにチャレンジしてみて下さい。

きっと良いことあると思いますので。

 

あ、ちなみに運動についてですが「ちょっと息が苦しいくらいの運動を20~30分くらい」が丁度良いかなと個人的には思っています。

そして姿勢を良くすると体の筋力が凄く効率良く使われるという研究結果も出ているみたいなので、運動をするときは姿勢を十分に気を付けて行うと良いと思いますよ♪

 

と、こんな感じで姿勢については、今回でいったん終了にしようと思います。

 

 

 

まとめ

ちなみに今までのブログで伝えたかったことを簡単にまとめました。

 

1、姿勢を良くすると様々なメリットが有る。

2、良い姿勢をすると実は体が疲れづらく楽。

3、姿勢は変わって来てしまうが良い姿勢に戻す事もできる。

4、高齢者でも姿勢は改善できる。

5、姿勢を良くする体操などは気持ち良く、たとえ高齢者であっても体に良い影響を与える可能性が高い。

 

こんな感じで万人にいい姿勢改善。

一人でも多くの方に良い姿勢を心がけて貰いたいですね。

ということでそれでは皆さんまた次回♪