• 膝の軟骨が削れてしまっているから膝の痛みはもう治らない
  • 軟骨が削れてしまっているから膝の手術をするしかない

膝の痛みに悩まされている人には、そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、近年、医学の進歩により『膝の痛みは軟骨が削れてしまうからではない』という可能性が高くなっています。

今回はそんな『膝の痛みの原因は軟骨が削れることではない』という事について、研究報告などを交えて説明していきたいと思います。

膝の軟骨が削れることが原因では無いのなら、『手術をしなければ治らない』という常識を覆すことになりますし、膝の痛みを諦める必要もなくなります。

そして、そういった知識は膝の痛みに悩まされている人の為にもなることだと思いますので、よろしければ最後まで読んでみて下さい。

研究報告から見る『膝の痛みは軟骨が削れることではない』という根拠

ではまず、『膝の痛みの原因は軟骨が削れている訳ではない』という事の根拠となる研究について書いていこうともいます。

この研究は米国Houston退役軍人医療センターと米国Baylor医科大学の研究チームが行った研究です。

この研究内容を簡単に説明すると以下の様なモノです。

変形性膝関節症の患者さん180人を対象にした研究で

  1. 実際に手術をしたグループ
  2. 膝関節の皮膚は切ったが、実際に手術をしなかったグループ(手術をしたように思わせたグループ)

に分け、それぞれが二年後にどの程度改善しているのかを調べた。

その結果、どちらも同じくらい改善した。

この研究報告では、手術をしても、手術をしなくても同じくらい改善したという事を示している研究です。

そしてそれと同時に、本当に軟骨が削れることに問題が有るのならば、『手術をしたグループ』と『手術をしていないグループ(手術をしたように見せかけたグループ)』とで改善の度合いに差が出るはずだが、その差が出ていないという事も示しています。

この様な研究結果から考えると、『膝の痛みの原因は軟骨が削れてしまうからではない可能性が高い』という事が分かりますね。

解剖学・生理学的な視点から見ても軟骨が削れることが原因ではない可能性が高い

前述したような研究報告から『膝の痛みは軟骨が削れることでは無い』という可能性が高いことが分かりました。

そして、それに加えて、実は膝の解剖学や生理学と言った分野から考えても、『膝の痛みは軟骨が削れることではない』という事が言えるんです。

では何故、その様なことが言えるのでしょうか?

それは膝の軟骨にも、軟骨の下にある骨にも神経は無いからなんです。

神経が無ければ軟骨や骨が削られたりしても、痛みは感じないですからね。

この様に膝の解剖学や生理学的なことから考えても『膝の痛みの原因は軟骨が削れることでは無い』という事が言えるんですね。

まとめ

ここまで述べてきた『研究』や『解剖学・生理学の知識』から考えると、膝の痛みは軟骨が削れることが原因では無い可能性が高いです。

そういったことから考えると変形性膝関節症などの膝の痛みは、『手術をしなくても治る』という事が言えると思います。

ですから、膝の痛みを治すことを諦めないで欲しいと思っています。

しかし、膝の軟骨が削れることが原因では無いですが、膝の軟骨が削れているのは事実です。

その様に膝の軟骨が削れるという事は、身体に何かしらの原因が有るのは間違いないと思います。

ですから、そういった原因を取り除かなくてはならないですし、原因を取り除くための治療やセルフケアをすることは必要だと思います。

そういった膝の痛みの原因と治す方法について書いた記事も有りますので、よろしければそちらの記事も読んでみて下さい。

そして、膝の痛みのを改善するためにも、膝の本当の原因と向き合い治療やセルフケアに励んで頂ければと思います。