『腰痛を改善する為に腹筋体操や背筋体操をしているが、腰痛が改善する気配が無い・・・』

腰痛に悩まされている人には、そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、何故『腰痛を改善するための体操』として、腹筋や背筋のトレーニングをしているのに中々効果が表れないのでしょうか?

今回はそんな『腹筋や背筋の体操が何故腰痛に効果が無いのか?』ということについて考えていこうと思います。

『何故腹筋や背筋で腰痛が改善しないのか?』という事が分かれば、新たな腰痛改善の方法も見えてくると思いますので、よろしければ読んで頂ければと思います。

『腹筋や背筋では腰痛改善できない』ということを理解するために腰痛の原因を知る

『なぜ腰痛に腹筋や背筋の体操が効果が無いのか?』を理解するためには腰痛の原因を知ることが大事です。

ですからまず最初に、腰痛の原因ついて解説をして行こうと思います。

では早速ですが、腰痛の原因として良く挙げられるのが

  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 脊柱管狭窄症

といったモノです。

しかし、実際には『どれが本当の原因なのか?』という事は特定されておらず、腰痛を起こす原因が分かっていないのが現状です。

しかし、その反面、どんな腰痛患者さんでもほぼ起きている共通点は見つかっています。

その共通点とは

『多裂筋と言う筋肉が委縮し、機能していない』

というものです。

腰痛患者さんのほとんどが、この多裂筋が細くしぼんでおり、動かなくなってしまっているのです。

ですから、この『多裂筋が動かなくなっている』という事は腰痛の原因と言えると思いますし、腰痛を改善する時は、この多裂筋を再び動かせるようにすることが、とても大事になってくるのです。

腹筋や背筋では多裂筋のトレーニングにはならない理由

ではこの多裂筋は、腹筋や背筋のトレーニングで鍛えられるのでしょうか?

その答えは

『鍛えられない』

です。

そもそも多裂筋とは腰椎に沿う様に付いており、腰椎を適度に固定し安定させる為の筋肉です。

そうすることで、腰椎が反りすぎたり、曲がりすぎたり、ズレたりしない様にし、脊柱が綺麗にバランス良く積み重なった状態に維持するという役割を担っています。

しかし腹筋体操や背筋体操は脊柱を大きく曲げたり反ったりするトレーニングです。

この動きは『腰椎を適度に固定し安定させる』という多裂筋の役割とは違う動きです。

ですから、腹筋や背筋のトレーニングでは多裂筋は鍛えられないのです。

この様に、腹筋や背筋のトレーニングでは腰痛の原因である多裂筋を鍛えることが出来ない為、腰痛を改善することにもつながらないのです。

ちなみに多裂筋を上手く動かす方法や、多裂筋と腰痛について詳しく書いた記事も有りますので、よろしければこちらの記事も読んでみて下さい。

まとめ

ここまで述べてきたように、従来行われてきた腹筋体操や背筋体操では腰痛の改善ができません。

しかし、『腹筋体操や背筋体操を頑張ってきたけど腰痛が改善されないから諦めていた』といった方には、腰痛を改善する方法が他に有ることが分かった訳ですから、むしろ朗報なのではないでしょうか。

ですから、今まで腰痛の改善を諦めていた方にも、もう一度腰痛を改善する為に多裂筋を鍛える為のトレーニングを頑張って頂けたらと思います。