今回は、当院に来院されている80代女性のYさんから嬉しい報告を頂きましたので、Yさんに頂いたご報告についてお話をしていこうと思います。

さらに、Yさんのご厚意により健康診断の資料も提供して下さったので、『このブログを見て頂いた方にも良い情報になるのでは?』と思い掲載させて頂くことにしました。

※ご本人にご了承を頂いております。

では早速、お話をしていこうと思います。

Yさんは、坐骨神経痛と膝の痛みに悩まされて来院して下さった患者様です。

週に二回ほど姿勢矯正で姿勢を改善しながら、セルフケアや歩行などについても指導させて頂き、根気強く通って頂きました。

一年ほどで症状も改善し、今では痛みも無くなったのですが、それ以外にも体に良いことが起きました。

それは

『身長が縮んでいない』

ということです。

その身長が載っている健康診断の資料がこちら。

まずは平成29年の診断結果。

次に平成30年の診断結果。

身長が一ミリ伸びています。

この一ミリ伸びたのは誤差範囲内ですので、身長が伸びた訳ではないと思います。

しかし、普通は70代になると、ほとんどの人が、どんどん身長が縮んでいってしまうものです。

ですが、Yさんは熱心に姿勢矯正を受け続け、セルフケアもしっかりとこなして下さいました。

その甲斐があってか、86歳にして前年の健康診断の時から身長が縮んでいなかったのです。

勿論、個人差は有るので、姿勢矯正を受けたりセルフケアをすることで全員の身長が縮まない訳ではないと思います。

しかし、

『頑張れば身長が縮まなくなる可能性もある』

ということを証明して下さっているのも事実です。

この様なことから考えると、少なくとも姿勢を管理することは無駄にはならないでしょう。

そして、仮に身長が縮んだとしても、姿勢を管理しているのと、していないのとでは差が出てくると思います。

ですから、『いつまでも背骨が曲がらず、良い姿勢でいることを諦める必要は無い』ということを知っておいて頂けたらなと思います。

そして、このブログを見て、できるだけ長く健康で若々しくいられる為に姿勢を意識してくださる人が増えることを願っています。