痛みの有る膝をおさえている人のイラスト

  • 膝の痛みを改善するためとはいえ手術はしたくない
  • 治療をしても膝の痛みが改善しない
  • 膝への注射はもうしたくない

そんな悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はそんな膝の痛みは手術や注射をしなくても治ることがほとんどです。

ではそんな膝の痛みを改善する方法とはどのような方法なのでしょうか?

それは

『姿勢を良くする』

ということです。

ということで今回はそんな『姿勢を良くすると膝の痛みが改善される理由』について解説していこうと思います。

手術や注射をせずに痛みの改善することは、若々しく充実した生活を長く続けることにもつながるので、よろしければ最後までご覧になってください。

※今回の記事で参考にした本:『プロメテウス解剖学アトラス』『身体運動学・関節の制御機構と筋機能』

膝の痛みの原因は膝への負担が偏ってしまうこと

膝の痛みと姿勢の関係を理解するためには、膝の痛みの原因を知ることが大事になってきます。

ですからまずは膝の痛みの原因について書いていこうと思います。

膝の痛みの原因として良く知られているのが『膝の軟骨がすり減ってしまうから』と言うものです。

では何故膝の軟骨がすり減ってしまうのでしょうか?

その理由は

『膝に掛かる負担が偏ってしまうから』

というものです。

膝は本来、前後外内にバランス良く体重が掛かるようにできています。

ですから膝に掛かる負担のバランスが良いと、膝に掛かる負担は分散し、軟骨が削れてしまうことはほとんど有りません。

しかし、膝に痛みがある人は、その負担が『内側だけに集中する』といったように、膝に掛かる負担が偏っています。

この様に、膝への負担が偏ってしまうと、膝に掛かる負担は軟骨を削ってしまうくらい大きな負担となってしまうのです。

特に膝の痛みを抱えている人はレントゲンを撮ると、膝の内側の軟骨が削れている人が多いですし、膝の内側が痛くなってしまうことも多いです。

そういった軟骨の削れ具合と痛みの関係から考えても、『膝の負担が偏ることが、膝の痛みの原因にもなる』ということが言えるんですね。

膝に掛かる負担に偏りがない場合のイラスト

膝に掛かる負担が偏っている場合のイラスト

膝に掛かる負担が偏つたことで、膝の軟骨が削れ、最終的には骨も削れてしまった場合のイラスト

ちなみに前述した通り、膝への負担が偏り集中している場合、その負担が長期間膝に掛かってしまうと膝の軟骨がすり減ってしまうくらい大きな負担となってしまいます。

ですから、膝の軟骨が削れる前から炎症なども起きる為、レントゲンなどで膝の軟骨が削れていなくても、膝の痛みの原因は『膝への負担が偏ること』で有ることが多いです。

膝への負担が偏ってしまうのは、膝が外に引っ張られるから

では次に『膝への負担のかかり方が偏ってしまう理由』について解説していこうと思います。

前述したように、膝の痛みは『膝への負担が偏ってしまうこと』です。

そして、その『膝への負担が偏ること』にも理由があります。

その理由は

『筋肉の力で膝が外に引っ張られてしまうから』

です。

筋肉の力により膝が外に動こうとすることで、膝の内側に負担が集中してしまうのです。

筋肉の力で膝が外に引っ張られてしまう様子を描いたイラスト

膝を外に引っ張っているのは筋肉

ちなみに膝を外に引っ張ってしまう代表的な筋肉は大腿筋膜張筋という筋肉と腸脛靭帯という組織です。

この大腿筋膜張筋と腸脛靭帯は太ももの外側にあり、膝を外に引っ張ります。

その証拠に、変形性膝関節症などの膝に痛みを抱えた患者様は

直立姿勢の時に太ももの外側の筋肉が緊張している(硬くなっている)ことが多い

という特徴があります。

この様な特徴からも、これらの筋肉や組織によって膝が外に引っ張られていることがわかりますね。

そして、直立姿勢で膝が外に引っ張られている人の場合、歩いたり、階段を降りたりする時も膝が外に引っ張られ易くなります。

特に歩行や階段を降りる時は、直立姿勢時とは比べ物にならないくらい膝を外に引っ張る力が強くなります。

ですから直立姿勢時と比べると、階段を降りたり歩いたりしている時の方が痛みが強く出ますし、そういったことからも膝の痛みは膝への負担が深く関係していることがわかりますね。

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の位置を説明しているイラスト

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯に膝が引っ張られる様子を描いたイラスト

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯に力が入っている人は、太もものどのあたりが硬くなっているのかを説明しているイラスト

膝が外に引っ張られない様にするためには姿勢が大事

では、そんな膝への負担になってしまう『膝を外に引っ張る力』はどの様にして無くすことができるのでしょうか?

それは『膝を外に引っ張っている大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の緊張を緩めること』です。

そしてそれらの筋肉の緊張を緩める方法こそが

『姿勢を良くする』

というものなのです。

では何故姿勢を良くすると大腿筋膜張筋などの筋肉の緊張が緩むのでしょうか?

それは大腿筋膜張筋が付いている骨を知ることで見えてきます。

実はこの大腿筋膜張筋は骨盤に付いています。

この様な大腿筋膜張筋の付着部から考えると、骨盤の角度が変わることで大腿筋膜張筋の緊張の度合いも変わることが推測できます。

大腿筋膜張筋が骨盤についている様子から、骨盤の角度と大腿筋膜張筋の緩み方が関係していることを説明しているイラスト

そして、その骨盤は背骨とつながっている為、骨盤の角度は背骨の動きとも深く関連しています。

これらの事から考えると、膝の痛みの原因を生み出している大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の緊張は背骨と骨盤、つまり

『姿勢と関係している』

という事が言えるのです。

そして、それと同時に

『姿勢を良くすることが膝の痛みを改善する方法である』

ということも言えるのです。

ですから、膝の痛みを改善するためには、まずは姿勢を良くしてみて下さい。

そして、姿勢を良くしたまま歩いたり、階段を降りたりしてみて下さい。

それだけで膝の痛みが改善する人も居ると思いますし、実践してみる価値はあると思います。

ただし、良い姿勢はただ胸を張れば良いというものではありません。

ですから『良い姿勢はどういったものなのか?』ということを理解して姿勢の改善に努めることをお勧めします。

そして、『本当に良い姿勢についての知識と、自分で良い姿勢をつくる方法』を載せている記事を書いたこともありますので、自分で姿勢改善にトライする場合はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

しかし、この記事に書いてある『本当の良い姿勢』を身に付けることは、意外と難しいことでもあります。

さらに、『本当の良い姿勢』を体現できたとしても、『歩行』や『階段の上り下り』などの動作が改善しないことも有ります。

ですから、自分で姿勢を試みても痛みが改善されない場合は、姿勢矯正やトレーニングの指導を受けることで、痛みの改善をして行くことをおススメ致します。

まとめ

今まで述べてきたように、膝の痛みを改善するためには姿勢がとても重要です。

勿論、姿勢を改善することは簡単なことでは有りませんが、姿勢を改善することは痛みの改善だけでなく、身体を若々しくすることにもつながります。

ですから、自分のできる範囲でも良いので、姿勢改善にトライして頂けたらと思います。