肩こりの女性

  • 何年も肩こりが治らない
  • ストレートネックだから肩こりは治らないと言われた
  • 治療をしても良くなるのは少しだけ

肩こりに悩まされている人には、このような悩みを持たれている人も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな治療をしても治らない肩こりは、実は治すことが可能です。

ではそんな『治らない肩こりを改善させる方法』とは一体何なのでしょうか?

それは

姿勢を良くする

ことです。

姿勢を良くすることで肩こりの根本的な原因が解消され易くなり、肩こりが改善する可能性が高まるのです。

しかし、何故肩こりと姿勢は関係しているのでしょうか?

今回はそんな『肩こりの改善と姿勢の関係』について説明していこうと思います。

姿勢を良くすれば肩こりが改善し生活が楽になると思いますし、肩こり改善以外にも様々なメリットが有りますので、よろしければ最後まで読んで頂けたらと思います。

※今回の記事で参考にした本:『プロメテウス解剖学アトラス』『身体運動学・関節の制御機構と筋機能』

肩こりの原因

肩こりと姿勢の関係を知るためには、肩こりの原因について知ることが必要です。

ということで、まずは肩こりの原因について解説していきましょう。

とはいっても肩こりの原因は様々で、肩の筋肉の疲労だったり、首の骨(頸椎)の歪みだったりと様々です。

しかし、そんな様々な原因が有る肩こりの9割に共通する症状が有ります。

それは

肩の筋肉が常に張っている(こっている)

というものです。

この『肩が張っている』という症状は、肩こりに悩まされる人のほとんどが一度は言われたことのある症状なのではないでしょうか?

そして、私たち施術者から見ても『肩こりに悩まされている人=肩が張っている』と言えるくらい肩こりの人に多い症状でもあります。

ちなみに肩の張りが出る場所はイラストの○で囲んであるあたりです。

肩こりになっている人が張ってしまう場所を説明しているイラスト

そして、この○で囲んである辺りには、僧帽筋と肩甲挙筋という筋肉があります。

肩こりの時に張ってしまう筋肉は、この僧帽筋と肩甲挙筋という筋肉で、肩こりに悩まされている人の9割はこの筋肉が張っています。

ちなみに僧帽筋と肩甲挙筋をイラストで見てみるとこのような感じです。

僧帽筋のイラスト

肩甲挙筋のイラスト

このイラストを見て頂くと、肩の張り感やコリ感などの症状が出ている部分とほぼ一致していることが改めてわかりますね。

なぜ僧帽筋と肩甲挙筋が張るといけないのか?

ではなぜ僧帽筋と肩甲挙筋が張るといけないのでしょうか?

それには2つの理由が有ります。

その理由は以下のようなものです。

  • 僧帽筋と肩甲挙筋は疲れがたまりやすいから
  • 僧帽筋と肩甲挙筋が張ってしまう姿勢は首周辺のインナーマッスルを使えていないから

この様な理由から僧帽筋と肩甲挙筋が張っていることはあまり良いとは言えないのです。

では、それぞれの理由についてもう少し詳しく解説していきましょう。

僧帽筋と肩甲挙筋は疲れがたまりやすい

僧帽筋と肩甲挙筋は外から触れることができる筋肉です。

このように手で触れることができる筋肉は、体の表面に近い場所にあり、そのような筋肉をアウターマッスルと言います。

実はこのアウターマッスルは筋肉中に酸素を多く貯めておくことが苦手です。

そのようなことからアウターマッスルである僧帽筋と肩甲挙筋も、酸素を多く必要とする有酸素運動が苦手であり持久力が無い筋肉なのです。

ですから『同じ姿勢を長時間維持する』といったような持続的な行動には向いていません。

しかし、肩こりで悩まされている人は、長時間、僧帽筋と肩甲挙筋が張っている状態です。

そして、この様に筋肉が張っている状態というのは言い換えれば筋肉を持続的に使っているということでもあります。

ですから、持久力が乏しい僧帽筋や肩甲挙筋にはすぐに疲れがたまってしまうのです。

そして、このように疲れがたまることは肩こりの原因にもなり得る訳ですから、その様なことから考えても『僧帽筋と肩甲挙筋が張っている状態は良くない』ということが言えるのです。

僧帽筋と肩甲挙筋が張っている時は、首周辺のインナーマッスルを使えていないので良くない

では次に『僧帽筋と肩甲挙筋が張っていると、首周辺のインナーマッスルが使えないから』ということについて解説をしていこうと思います。

まず前述しましたが、姿勢を維持している時に肩から首が張っている時は、僧帽筋や肩甲挙筋といったアウターマッスルを使い姿勢を維持している状態です。

そのようなアウターマッスルで姿勢を維持している時は、反対に首の周りにあるインナーマッスルで姿勢を維持できていない状態です。

そして、そのような『インナーマッスルで姿勢を維持できていない状態』は、実はあまり良くないのです。

ではなぜインナーマッスルが機能していないと良くないのでしょうか?

それはインナーマッスルが機能していないと首や背中の背骨が歪み易くなってしまうからです。

インナーマッスルとは身体の深層についている筋肉で、手で触れることができない筋肉で、脊柱(背骨)に沿うようについています。

イラストで見ると、このような感じです。

首から背中にかけてのインナーマッスルを身体の後ろ(背中側)から見たイラスト

首から背中にかけてのインナーマッスルを横から見たイラスト

首周りのインナーマッスルを身体の正面から見たイラスト

このように、インナーマッスルは背骨に沿うように付くことで、背骨と背骨を繋ぎ安定させる役割があります。

そんなインナーマッスルが機能すると、背骨が曲がったり歪んだりしにくくなるため、背骨がバランス良く綺麗に積み重なるようになるのです。

しかし逆に言えば、前述したような役割を持つインナーマッスルが機能しなくなるということは、背骨と背骨がずれ易くなってしまい、『背骨の歪み』につながり易くなってしまうということでもあります。

ですから、インナーマッスルが使えていない状態は『肩こりになりやすい』と言えますし、同時に『インナーマッスルが使えていない肩が張った状態は良くない』ということが言えるんですね。

インナーマッスルが機能している場合は、背骨が綺麗にバランス良く積み重なることを説明したイラスト

インナーマッスルが機能していない場合は、背骨がズレ易くなってしまうことを説明したイラスト

僧帽筋・肩甲挙筋の張りを緩めるためには姿勢が重要

では僧帽筋と肩甲挙筋が緩んだインナーマッスルを使った状態にするためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

その方法が今回の話の冒頭から述べている

姿勢を良くする

という事なのです。

なぜなら『姿勢を良くする』ということは背骨がバランス良く積み重なるということでもありますし、それはインナーマッスルをきちんと使い易くするということでもあるからです。

また、姿勢を良くした時の肩甲骨と肋骨に働く力の関係から、姿勢を良くすると僧帽筋と肩甲挙筋が緩み易くもなります。

そのようなことから考えても、僧帽筋と肩甲挙筋を緩め、首や背中のインナーマッスルを機能させるためには、良い姿勢を心がけることが大切なのです。

ですから、『肩こりを治したい』という方は、まず姿勢を良くすることを心掛けてみてください。

それだけで肩こりが改善する場合も有ると思います。

ただし、良い姿勢はただ胸を張れば良いという訳では有りません。

胸を張っても僧帽筋と肩甲挙筋に力が入ってしまうこともありますし、そうなってしまっては姿勢を良くしているつもりでも肩こりは改善されないと思います。

ですから、良い姿勢を心がける前に『本当に良い姿勢とはどのような姿勢なのか?』ということについて理解を深めることをお勧めします。

ちなみに当院のブログでも『本当の良い姿勢』について述べた記事を書いています。

ですから、自分で姿勢の改善を目指す場合は、こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

まとめ

今回述べてきたように、肩こりは姿勢と深く関係しています。

勿論、姿勢を改善することは簡単なことでは有りませんが、姿勢を良くすることは肩こり改善だけでなく、健康で若々しい身体を手に入れることにもつながります。

ですから、少し大変かもしれませんが姿勢改善に取り組んで頂けたらと思います。