自分が『本当の良い姿勢なのか』を確認するための3つのポイントとは?

姿勢が良くなると、とても多くのメリットを得ることができます。

しかし

姿勢は一見良さそうに見えても、実は良い姿勢になっていない

なんてこともあるんです。姿勢判断アプリの画像の例え

また、姿勢には個人差があるため、右のイラストの様に、『スマフォやタブレットで写真を撮って線を引いて・・・』と言った様な姿勢が正しいかを判断するアプリなどを使っても、自分自身にとって本当に良い姿勢になっているのかを判断するには限界があります(姿勢改善の参考程度にはなるので無意味では無いのですが・・・)。

ですから今回はそんな『自分が良い姿勢なのか?』を確認するためのポイントについて解説していこうと思います。

今回お教えする方法は人間の『解剖学』『生理学』そして、『進化学』といった分野から考え、科学的根拠に基づいた方法です。

ですから『自分が本当に良い姿勢になっているのか?それとも良い姿勢に見えるが実は良い姿勢になっていなかったのか?』を知るためにはとても良い方法だと思います。

『自分が良い姿勢になっているのか?』を判断できれば、今現在、自分自身の姿勢に修正点が有るのかを知ることができますし、自分自身の力で良い姿勢を改善・維持できる可能性も高まると思います。

ですから、自分で『良い姿勢なのか?』を確認できるチェックポイントを知り、自分で良い姿勢を体現できる様になるためにも最後まで読んで頂きたいと思います。

※『本当の良い姿勢とはどんな姿勢なのか?』について述べた記事も有りますので、よろしければこちらの記事もご覧ください。

本当の良い姿勢になっている時に筋肉が緩むということが、自分が良い姿勢になっているのかの判断材料になる

『自分が良い姿勢なのかどうか?』は、『筋肉が緩んでいるのかどうか?』を確認することで知ることができます。

これは、本当の良い姿勢になっている時に使う筋肉の種類が関係しています。

本当に良い姿勢で立っている時は、体の深層にある筋肉(インナーマッスル)を使います。

何故なら、インナーマッスルの方が持久力に優れており、『姿勢を長時間維持する』と言った様な役割を果たすのに向いているからです。

そして、インナーマッスルで姿勢を維持できてしまう訳ですから、本当の良い姿勢で立っている時は、体の表面にある筋肉(アウターマッスル)を使わなくても直立できてしまいます。

その様なことから、インナーマッスルを使った本当の良い姿勢になっている時は、アウターマッスルの力は抜けて緩んだ状態になるのです

そして、この『アウターマッスルが緩んでいるのかどうか?』を確認することで、自分が本当に良い姿勢かどうかを知ることができます。

そんなアウターマッスルの中でも特に緩んでいて欲しい3つのポイントがあります。

そのポイントとは

  1. 背中
  2. 太もも

の3つです。

この3つのポイントが、直立姿勢の時に全て緩んでいれば良い姿勢と言えるのでぜひ確認してみて下さい。

ではそれぞれのポイントについて解説していきましょう。

ポイント1:肩

最初に解説するポイントは肩です。

本当に良い姿勢になると、下のイラストの○で囲んだあたりの筋肉の力が緩みます。

肩で緩む場所を説明したイラスト

青まるで囲んである筋肉は『僧帽筋』と『肩甲挙筋』と言う筋肉です。

僧帽筋をイラストで見るとこちら。

僧帽筋のイラスト

そしてこちらが肩甲挙筋のイラストです。

肩甲挙筋のイラスト

この僧帽筋と肩甲挙筋は『本当に良い姿勢』になると力が抜けて緩むので、本当の良い姿勢になっている時は触ると柔らかくなっています。

ですから、『僧帽筋が緩んでいるかどうか?』は、自分が本当に良い姿勢になっているのかどうかの判断材料になります。

ちなみに、この僧帽筋と肩甲挙筋は肩こりやムチウチなどの首の痛みを抱えている人が張っている筋肉でもあります。

ですからこの筋肉が緩むことは肩こりの改善にもつながるので、肩こりやムチウチと姿勢改善が関係していることも示しているポイントですね。

ポイント2:背中

次に背中についてです。

本当に良い姿勢になると、背中の中でも下のイラストの○で囲んである部分にある筋肉が緩みます。

背筋で緩む場所を説明したイラスト

この○で囲んである部分に有る筋肉は『最長筋』や『腸肋筋』といった筋肉で、いわゆる背筋と言われる筋肉です。

最長筋をイラストで見るとこちら。

最長筋のイラスト

そしてこちらが腸肋筋のイラストです。

腸肋筋

本当の良い姿勢になっていると、これらの筋肉の力が抜けるので、その結果、背筋は緩みます。

ですから、この背筋が緩んでいるかどうかも自分が良い姿勢になっているのかどうかを調べる判断基準になります。

ちなみに姿勢を良くしようとした時に背筋が疲れる方は、最長筋と腸肋筋に力が入っている可能性が高いので、本当の良い姿勢とは言えないでしょう。

ポイント3:太もも

最後に太ももです。

本当に良い姿勢になると、太ももの前と横(外側)の筋肉の力が抜けて緩みます。

イラストで見るとこのあたり。

太ももの緩む場所を示したイラスト

太ももの横の緩む場所を示したイラスト

上のイラストが太ももの前側で、下のイラストが太ももの横(外側)です。

太ももの前にある筋肉は大腿四頭筋。

そして太ももの横(外側)に有るのは腸脛靭帯と言います(腸脛靭帯は厳密に言えば筋肉では有りません)。

大腿四頭筋をイラスト見るとこちら。

大腿四頭筋のイラスト

腸脛靭帯をイラストで見るとこちらです。

腸脛靭帯のイラスト

この太ももの前と横にある大腿四頭筋と腸脛靭帯が緩んでいるのかどうかも、本当に良い姿勢になっているかどうかの判断基準となります。

まとめ

ここまで述べてきた肩・背中・太ももの3つのポイントが、直立姿勢の時に全て緩んでいれば、本当の良い姿勢と言えるでしょう。

ですから、まずは自分で3つのポイントが緩んでいるのかどうかを確認してみて下さい。

そして、様々なメリットを与えてくれる良い姿勢に少しでも近づいて頂けたらと思います。

SNSでのブログ配信について

SNSでブログの更新情報を配信しております。

『いいね』または『フォロー』をして頂くとブログ情報を受け取ることができますのでお気軽にどうぞ。

Facebookにいいねする

Twitterをフォローする

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『効率的で効果的な姿勢改善』についてお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

科学的根拠に基づいた姿勢改善

塚越接骨院では科学的根拠に基づいた『無駄のない効率的で効果的な姿勢改善』を行っております。

・良い姿勢を続けていると疲れてしまう
・良い姿勢にしようとすると痛みが出てしまう
・そもそも本当の良い姿勢が分からない
・自分の力だけでは姿勢を改善できない
・できるだけ早く姿勢を改善したい

そんな姿勢改善に関するお悩みを解決する為、一人一人の個性に合わせたサポートを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA