坐骨神経痛に悩む女性

  • 歩いているとお尻や足が痛くなってくる
  • 足にシビレが出てくる
  • 手術をしないと坐骨神経痛は治らない

そんな坐骨神経痛に悩まされている人は多いのではないでしょうか?

しかし、近年の医学の研究から考えると、そんな治らないと言われた坐骨神経痛は手術をしなくても改善できる可能性が高いのです。

では、そんな坐骨神経痛を改善する方法とは、どの様な方法なのでしょうか?

今回はそんな坐骨神経痛を改善する方法について解説していこうと思います。

坐骨神経痛への理解を深めることが出来れば、痛みの改善だけでなく、充実した生活や、若々しい身体を維持することにもつながります。

ですから、充実した生活を送るためにも、若々しい身体をできるだけ維持するためにも、よろしければ最後まで読んでみて下さい。

※参考にした本:『プロメテウス解剖学アトラス』『身体運動学・関節の制御機構と筋機能』

坐骨神経痛の原因について

では、最初に坐骨神経痛を改善する方法を理解して頂くために、坐骨神経痛の原因について述べていこうと思います。

坐骨神経痛の原因として良く挙げられるのが、『神経が圧迫されることで痛みやシビレが出る』と言うものです。

しかし、最近の医学の研究から考えると、『神経の圧迫』が原因ではない可能性が高くなってきています。

その研究について述べた記事も書いたことが有りますので、よろしければそちらの記事もご覧になってください。

しかし、そうなってくると坐骨神経痛の原因とは一体何なのでしょうか?

私はその原因を筋肉に有ると考えています。

それを理解して頂くために、まずはこちらのイラストをご覧下さい。

坐骨神経痛の時に痛む場所(お尻からふくらはぎにかけて)と筋肉の相関関係を示しているイラスト

坐骨神経痛の時に痛む場所(お尻の横・太ももの横・ふくらはぎの横)と筋肉の相関関係を示したイラスト

坐骨神経痛の痛む場所(太ももの前やや外側・下腿の前やや外側)と筋肉の相関関係を示したイラスト

それこちらのイラストは坐骨神経痛になっている人の痛みが出やすい場所と筋肉のある場所を比較したモノです(身体の右側を例にしています)。

左のイラストで青くなっている場所が坐骨神経痛の痛みが出やすい場所を示しています。

そして、右のイラストが坐骨神経痛の時に張り易い筋肉の場所を示しています。

いかがでしょうか?

坐骨神経痛により痛みやシビレが出ている場所と、坐骨神経痛になっている時に張り易い筋肉の位置が、ほぼ一致していると思いませんか?

この様に

  1. 坐骨神経痛の痛みやシビレが出る場所と、坐骨神経痛の時に張る筋肉の場所がほぼ一致していること
  2. 研究結果から、坐骨神経痛の原因が『神経の圧迫』でない可能性が高いということ

という二つの要因から、坐骨神経痛は筋肉に問題があるのではないか?と考えることができます。

そして筋肉が張っているという事は、筋肉に大きな負担が掛かっていた可能性が高いということです。

ですから、そういった『筋肉の負担を取り除くこと』が坐骨神経痛の改善につながる可能性が高いと考えることもできるのです。

どの様にして坐骨神経痛を改善するのか?

ではそんな坐骨神経痛の原因となっている『筋肉への負担』はどのようにして改善すればよいのでしょうか?

その方法として挙げられるのが

姿勢を改善する

という方法です。

では何故、姿勢を改善すると筋肉への負担が減るのでしょうか?

それは、坐骨神経痛の時に張り易い筋肉は骨盤の角度により負担の掛かり方が変化するからなのです。

特に骨盤から大腿骨や膝に付いている筋肉は、骨盤に直接ついているので骨盤の影響を直接受けると言えるでしょう。

さらに骨盤から膝に付いている筋肉は膝の動きに影響を与えます。

その膝の動きの変化によって、膝から下の筋肉への負担の掛かり方にも変化が生まれるのです。

ですから、骨盤に直接付いていない筋肉でも、間接的に骨盤の影響を受けるのです。

この様なことから、骨盤の角度次第で筋肉への負担は大きくなると言えますし、その骨盤は背骨と連結している訳ですから、背骨との関係も深いという事が言えるでしょう。

そしてそれは、姿勢との関係が深いという事でも有りますし、姿勢を良くすることが坐骨神経痛を改善する方法という事が言えるのです。

ですから、坐骨神経痛に悩んでいる人は、まず姿勢を良くすることを心掛けてみて下さい。

そうすることで、坐骨神経痛が改善することも有ると思います。

ただし、姿勢を良くすると言ってもただ胸を張れば良いという訳では有りません。

ですから、

  • 姿勢を良くしているつもりだけど痛みが改善されない
  • 姿勢を良くすると痛みが強くなってしまう
  • そもそも姿勢を良くしているのが疲れる

と言った場合も有ると思います。

そして、その様な時は本当の良い姿勢になっていない可能性が高いですし、本当の良い姿勢について理解してから良い姿勢を心掛けると良いでしょう。

ですから『本当の良い姿勢について』や『自分自身で良い姿勢を目指す方法について』の理解を深める為に、よろしければこちらの記事も読んでみて下さい。

まとめ

ここまで述べてきた通り、坐骨神経痛は手術をしなくても改善することが可能なものです。

姿勢改善と言う方法は、患者様自身の努力も有る程度必要になりますが、その代わり、充実した生活や若々しい身体を維持することにもつながります。

ですから、そういったメリットを得るためにも、姿勢の改善にトライしていって欲しいと思います。