整体・姿勢や骨盤の矯正を受ける前に知っておいて欲しいことと注意すべきポイントとは?

整体や骨盤矯正などの治療は、体の悩みを解決することができる可能性を高めてくれる施術です。

しかし、そんな矯正や整体はストレッチの一種であり、魔法の様な治療ではありません。

ですからそんな整体や矯正と言われている施術を受ける前に知っておいて欲しいことや注意点がいくつかあります。

ということで、今回は整体や矯正を受ける前に知っておいて欲しいことと注意点について解説していこうと思います。

そういった知識を知っておくことで、施術を納得して受けることができますし、施術を受ける時の危険を回避することもできますので、よろしければご覧頂ければと思います。

整体や矯正で知っておいてほしい点や注意すべき点は3つ

整体や矯正の注意点として挙げられるのは、以下の3つとなります。

  1. 姿勢矯正で良い姿勢になっても、自分で維持する努力をしなければすぐに戻ってしまう
  2. 関節は鳴らなくても良い
  3. 適度に伸ばさないと効果が得られない

矯正などで姿勢の改善を目指す場合は、これらのことに注意しなければなりません。

そして、これらの注意点を頭に入れて矯正を受けることで、矯正によるケガを未然に防いだり、様々な勘違いをせずに施術を受けることができるようになると思います。

では、それぞれの注意点について解説をして行こうと思います。

姿勢を自分で維持する努力をしなければ、元に戻ってしまう

初めに知っておいて欲しい点として挙げるのは

『自分で姿勢を維持することを意識しなければ、姿勢はすぐに元に戻ってしまう』

ということです。

整体や矯正は

  • 関節のストレッチ効果
  • 姿勢を維持する筋肉を動き易くする

という効果が有ります。

しかし、あくまでも、『曲がったまま硬くなった背骨を柔軟にする』『姿勢を維持する筋肉を動き易くする』と言うだけです。

ですから、『自分で姿勢を維持する筋肉を使う様に意識をする』ということをしなければ、すぐに元の曲がった姿勢に戻ってしまいます。

そして、『自分で姿勢を維持しなければ姿勢が元に戻ってしまう』という事実を知らないで矯正を受けても一向に姿勢は改善しません。

ですから、矯正という施術を上手に利用し、矯正の効果を最大限発揮させるためには、この様な事実は知っておく必要が有るでしょう。

矯正は関節が鳴らなくても良い

では次に知っておいて欲しい点として挙げるのは

『矯正は関節が鳴らなくても良い』

という点についてです。

他のブログ記事でもお話したことがあるのですが、姿勢矯正などで背骨が『ポキポキ』なるのは関節がハマった時の音ではなく、関節の中にできた気泡(空気の泡)がはじける時の音です。

※ちなみにこちらの記事が関節がポキポキなるメカニズムを解説した記事です。

そして、この理論から考えると、関節の音が鳴らなくても、矯正(関節のストレッチ)の効果は得られることになります。

ですから矯正の時に鳴る関節の音は、鳴らなくても良いと言えるのです。

それどころか、関節を鳴らすことに固執してしまうと非常に危険です。

矯正は関節のストレッチですので、音が鳴らない時も当然あります。

しかし、『音が鳴らないと矯正されていない』という誤った知識で矯正を行った場合、『関節の音が鳴っていないから』という理由で関節を伸ばし過ぎたり、捻り過ぎてしまう可能性が高くなります。

その様に関節を過剰に伸ばしたり捻ったりしてしまった場合、靭帯損傷のリスクが高くなりますし、背骨の施術に関しては脊髄損傷と言った大きなケガを負ってしまう可能性も高くなります。

ですから、その様なことを避けるためにも、患者さま自身が『矯正では音が鳴らなくても良いんだ』という知識を持つことが大事です。

そして、もし仮に施術者が関節の音を鳴らすことに固執している様なら、『音は無理に鳴らさなくても良いです』と施術者に伝えることも大事になってきます。

適度に伸ばさないと効果が得られない

では最後に『適度に伸ばさないと効果が得られない』ということについて述べていこうと思います。

これも『矯正が関節のストレッチの一種である』ということと深く関係しています。

通常のストレッチでもそうですが、関節の可動域を広げる為には、筋肉や関節が伸ばされている感じがするまで伸ばさなければなりません。

そして、それは関節のストレッチである矯正も同じで、『身体が伸ばされているなー』と感じるまで矯正をしなければ、矯正としての効果を有ることはできないのです。

ですから、矯正では身体が適度に伸ばされていることが大事となりますし、患者様自身が『伸ばされているなー』と感じることも大事なのです。

しかし、あくまでも『適度に伸ばす』ということが重要で、『伸ばしすぎ』にも注意をしなければなりません。

ですから、痛みを感じてしまうまで矯正をすることは避けて頂きたいですし、もし矯正中に痛みを感じた場合は『痛いのでもう少し弱くお願いします』と施術者に伝えることも大事になってきます。

まとめ

このように整体や矯正では知っておいて欲しい知識がいくつかあります。

そして、そういった知識を持つことは、自分自身が納得して施術を受けることにつながったり、施術者とコミュニケーションを取ることで施術中のケガなどを防ぐことにもつながります。

ですから、こういった知識を頭に入れて、整体や矯正を受けるかどうかを決め、施術を受ける時は施術者としっかりコミュニケーションを取ることを意識して頂けたらと思います。

フォローをしてブログの更新情報を受け取る。

この記事を書いた人

塚越 弘憲
塚越 弘憲塚越接骨院 院長
施術歴10年

整形外科や接骨院で研修を重ねる中で姿勢の重要さに気付く。
それ以来、解剖学・生理学だけでなく、力学・生物学・進化学といった分野の科学的根拠にも基づいて姿勢改善と言うものを考え続ける。
今ではそれらの知識を活かし『本当の良い姿勢』についてお伝えしながら皆様の姿勢改善と健康をサポートしております。

『本当の良い姿勢』に近づくためのサポートを致します。

『本当の良い姿勢』になると、体の筋肉は緩み、お体に様々なメリットを与えてくれます。塚越接骨院では、そんな『本当の良い姿勢』になって頂くために、一人一人の症状や個性に合わせたサポートを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA